【重要!】Googleサーチコンソールの登録方法を解説

目安時間:約 11分

「Googleサーチコンソール」とは、自サイトやブログが検索エンジンからどのように評価を受けているのかを調べることができるツールです。

 

Googleのアカウントがあれば誰でも無料で使用できます。

 

 

ツールを使って、自サイトが検索エンジンからどのように見られているのかを客観的に分析することはアフィリエイトにおいて重要なことでもあり、上手く活用すればアクセスアップやサイトの上位表示にもつながるため登録しておきましょう。

 

この記事を読めばGoogleサーチコンソールの登録や設定方法がわかるようになります。

そもそもGoogleサーチコンソールって何なのか?

Googleサーチコンソールって何ですか

GoogleサーチコンソールとはGoogleが提供している無料ツールで、自分のサイトやブログ全体の情報を詳しく調べることができます。

つまりどういうことですか?

ブログ全体の情報(キーワード、被リンク、サイトの改善案)やGoogleが認識(インデックス)している投稿数、クローラーの巡回状況まで把握できるということです。

設定するとどんなメリットがありますか?

Googleサーチコンソールには自分のサイトにクローラーを呼び寄せたり、サイトマップを送信したりなどのアクションが起こせるので集客効果を高めたり、アクセス数の減少を改善したりすることができます。

 

 

Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトの掲載順位を監視、管理、改善するのに役立つ Google の無料サービスです。

Search Console に登録しなくても Google 検索結果にサイトが表示されるようにすることはできますが、Search Console に登録することで、Google のサイトに対する認識を理解し、改善できるようになります。

 

Search Console ヘルプページより引用

 

ユーザーのために役立つ記事を書いてもクローラーがあなたのブログを見つけてくれなければ、「真っ暗な海の上を明かりもつけずにさまよっている船」と同じなわけです。

 

まずはあなたのブログをWebという大海原の中からクローラーに見つけてもらうのが必須条件!

 

そのためにはサーチコンソールにあなたのブログの住所(URL)を登録し積極的に検索エンジンに教えてあげる必要があるのです。

 

Googleサーチコンソールの登録方法

まずはGoogleサーチコンソールの登録画面へアクセスし「開始」をクリックします。

 

 

所有権の確認画面に移動します。

 

最初は「所有権」がありませんから「所有権の確認」をクリックします。

 

 

そのまま下にスクロールします。

 

 

赤枠の「HTMLタグ」をクリックします。

 

 

「メタタグ」と呼ばれるHTMLの表記が出てくるのですべてコピーし、あなたが設定しているWordPressのテンプレートのエディターに貼り付けていきます。

 

 

次はWordPressの管理画面に戻ります。

 

「ダッシュボード」から「外観」→「テーマエディター」をクリックします。

 

 

するとこのように警告画面が出てきます。

 

 

「テーマを直接編集するとサイトを壊してしまったり、変更内容が将来の更新で失われてしまう可能性があります。」とありますが、先ほどコピーしたメタタグを間違った場所に貼り付けてしまうとサイトが崩れてしまうことがあるということです。

 

おいおい・・それってやばくねーか?間違えずに一発勝負しろってことだろ?
アフィリレッド
アフィリレッド

でも安心してください。

 

「ファイルマネージャーを使って新しい名前でファイルのコピーを作成し、元のファイルを手放さないでください。」とありますが、これは失敗したときのために「バックアップを取っておいてくださいね」ということです。

 

HTMLの編集作業は初心者にとって恐怖でしかありませんよね。
でもバックアップは簡単にできるので失敗しても何も問題ありません。
WordPressでは使うツールによってテーマの編集が必要になりますからこういった編集作業は最低限覚えておいたほうがいいですよ。
筒兄
筒兄

ということでバックアップ方法も踏まえ解説していきます。

 

赤枠の「理解しました」をクリックして次へ進みましょう。

 

メタタグの設置方法と簡単バックアップ手順

「理解しました」をクリックすればテーマのソースが出てきますので右側の「テーマファイル」から「テーマヘッダー(hdader.php)」を選んでクリックします。

 

 

すると「テーマヘッダー」のソースが出てきます。

 

このソース内の <head>セクション内の、最初の <body> セクションの前に先ほどコピーしたメタタグを貼り付けますが、まずはソースコード全体をコピーして「メモ帳」に貼り付けしてバックアップを取ります。

 

「Ctrl」+「A」で全体をコピーします。

 

「メモ帳」を開いてコピーしたデータをそのまま貼り付けしましょう。

 

 

これでバックアップデータが取れました。

 

もし失敗したらメモ帳からタグをすべてコピーしてテーマヘッダーに貼り付けしなおせば元に戻せます。
最初のうちは別にフォルダを作ってバックアップ用にメモ帳のデータを保存しておいてもいいと思います。
私も慣れないうちはフォルダを作って保存してました。
筒兄
筒兄

 

ではいよいよメタタグを指定された場所に貼り付けします。

 

まずはソース内から「<head>セクション内の、最初の <body> セクションの前」を探さないといけないので「Ctrl」+「F」を押し、表示された検索窓に「<head>」と入力しましょう。

 

黄色く表示されたところから下の<head>から</head>までのエリアが「<head>セクション内」になります。

 

</head>の一つ上の「23」が、最初の <body> セクションの前にあたるのでこの部分に貼り付けします。

 

 

 

貼り付けが終わればそのまま「ファイルを更新」をクリックしましょう。

 

再度サーチコンソールの所有権確認の画面に戻り「完了」をクリックします。

 

 

「所有権を自動確認しました」と表示されれば「完了」を押しましょう。

 

これでGoogleサーチコンソールの登録はすべて終了です。

 

 

まとめ

 

 

 

以上Googleサーとコンソールの登録方法について解説しました。

 

基本的にこの手順で進めていただければ問題ないかと思います。

 

ソースをいじったりと慣れない作業があるため、必ずバックアップをとってから作業をしてくださいね。

 

こういった作業に慣れてくるとサイトのカスタマイズも徐々にできるようになるので、一つ一つ確実にこなしていきましょう!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


ページの先頭へ