【時短】アフィリエイトリンクをショートコードで管理する方法

目安時間:約 13分

 

こんにちは。ブログ管理人の筒兄です。

 

今回はアフィリエイトリンクの管理方法について説明します。

 

アフィリエイトをしているとジャンルによっては

・頻繁に使うアフィリエイトリンク

・あまり使わないアフィリエイト

がでてくると思いますが、アフィリエイトリンクを取得するためにもし「毎回ASPを行ったり来たりしてる」なら!?

 

この作業・・・

 

超絶面倒くせーし時間かかるっつうの(嫌)
筒兄
筒兄

 

特に頻繁に使うアフィリエイトリンクならなおさら。

 

リンクタグを種類別にメモ帳に貼り付けておいて、使うときにメモ帳開いてブログにコピペする

 

これもこれで面倒くさい。

 

「何か方法はないか」と色々調べていたら「Post Snippets」というプラグインを使った解決方法が見つかりましたので是非参考にしてみて下さい。

 

この記事を読めば毎回ASPに行かずともアフィリエイトリンクタグを記事投稿画面から取得できるようになります。

プラグイン Post Snippetsとは

「Post Snippets」とはよく使うようなHTMLタグやPHPコードを「ショートコード」に短く変換し、呼び出しができるプラグインです。

 

「しょーとこーど」って何だ?
アフィリレッド
アフィリレッド

ショートコードというのはこんなやつです。

[アフィリエイトリンク]

 

文字を[ ]で囲んでるだけじゃねーか?これが「ショートコード」って言うのか?
アフィリレッド
アフィリレッド

 

例えばこのようなアフィリエイトリンクがあったとします。

 

<a href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=////////J+383QOQ+CO4+62U35" target="_blank" rel="nofollow">
<img border="0" width="468" height="60" alt="" src="https://www24.a8.net/svt/bgt?aid=//////&wid=///&eno=01&mid=///&mc=1"></a>
<img border="0" width="1" height="1" src="https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=//J+383QOQ+CO4+62U35" alt="">

 

この長ったらしいHTMLタグをショートコードに変換すると

 

[エックスサーバーのバナーリンク]

 

このように短く変換できます。

 

ほほう!なるほどな!
長ったらしいアフィリエイトタグを「ショートコード」になおせるのはわかった!

 

でもなんでそれ使うとASPに毎回広告タグを取りに行かなくても済むようになるんだ?

アフィリレッド
アフィリレッド

それはショートコード化したアフィリエイトリンクをWordPress内で全て管理できるからです。

 

なので「よく使うようなアフィリエイトリンク」はショートコードに変換して保管しておけば記事投稿画面から簡単に挿入できるようになります。

筒兄
筒兄

Post Snippetsで変換したアフィリエイトリンクはどこにあるのか?

何となくイメージが湧きにくいと思うのでショートコード化したアフィリエイトリンクがどこにあるのか見ていきましょう!

 

これはこのブログの実際の記事投稿画面のアイコンたちです。

 

この中のこのアイコンにショートコードが格納されています。

 

 

では中を覗いてみると

 

 

上の画像は私がよく使うアフィリエイトリンクタグたちです。

 

この中から使いたいショートコードを選んで記事内へそのまま挿入すればそれがアフィリエイトリンクに変換されるということになります。

 

それでは実際に設定方法と使い方について説明します。

 

Post Snippetsをインストールしよう

まずはWordPressの管理画面からプラグインをインストールしていきましょう。

 

プラグインの「新規追加」から「Post Snippets」と入力しインストール、「有効化」までを行います。

 

 

これでインストールとプラグインの有効化は完了です。

 

次にショートコードの作成手順について説明します。

 

ショートコードの作成方法

では実際にショートコードを作っていきましょう。

 

管理画面の「設定」から「Post Snippets」を選び「Add New Snippet」をクリックします。

 

 

ショートコード作成画面が出てくるので「タイトル」を記入します。

 

仮にタイトルを「ショートコードテスト」にしてみましょう。

 

 

タイトルが決まれば右端の「▼」をクリックしアフィリエイトリンクタグをコピペし「 Shortcode 」にチェックを入れます。

 

 

最後に「Update  Snippet」をクリックして保存します。

 

 

これでショートコードが作れました。

 

 

記事投稿画面からショートコードを入れる方法

次に作成したショートコードを記事内に挿入する方法を説明します。

 

Post Snippetsをインストールして有効化すれば記事投稿画面に「Post Snippets」のアイコンが追加されるのでそちらをクリックします。

 

 

さっき作ったショートコードが表示されるのでそれを選び「Insert」をクリックすれば記事内へ挿入できます。

 

 

これで完了です。

 

アフィリエイトリンクをショートコードで作って記事内に挿入後はプレビューでちゃんとリンクが貼られているか確認しておきましょう。

 

Post Snippets使用時の注意点

 

アフィリエイトリンクには「リンク切れ」というのがあるため、期限が切れたリンクがそのまま貼られているということがないように、リンクの期限はご自分で把握しておいてください。

 

またプラグインでもリンク切れを自動で検出してくれるBroken Link Checkerというのがあるのであわせて使うことをおススメします。

 

あとショートコードを作成するときは、どのアフィリエイトリンクなのかがすぐにわかるようにタイトルは考えて作りましょう。

 

商品の中には期間限定で特典が付くのもあるためその場合、「商品名+特典付き」でショートコードを作成しておけばごちゃごちゃにならずに済みます。

 

広告の管理は大変ですがここをしっかりしておかないとサイト全体でアフィリエイトリンクが増えた場合、リンクの張替え作業にとんでもない時間を費やすことになるため、適当にしないようにしましょう。

 

まとめ

以上が「Post Snippets」というプラグインを使ったアフィリエイトリンクの管理方法です。

 

いかがでしたか。

 

私もこのプラグインを使うまではアフィリエイトリンクを取得するためにASPとブログを行ったり来たりしていましたが、今ではそんな手間もはぶけぶっちゃけかなりの時間短縮につながりました!

 

リンク切れの管理は工夫する必要がありますが、別に難しいことではないので参考になれば幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. アバター isosi より:

    こんにちは。
    たしかにアフィリリンクはめんどくさいときありますもんね
    時短になるし早速やってみたいですね。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


↓ランキング参加中です!↓
当サイト一押し教材
【WordPress最強テンプレート 賢威】
プロフィール

管理人の筒兄です。
サラリーマンの傍ら、副業でアフィリエイトに取り組んでいます。
日々の実践記や役立つ情報など初心者目線で発信します。

⇒詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー
アーカイブ

ページの先頭へ