【便利】神プラグインRINKERでamazon、Yahoo、楽天商品リンクをまとめる方法

目安時間:約 17分

こんにちは!ブログ管理人の筒兄です。

 

amazonや楽天の商品をアフィリエイトするときに役に立つのが「神プラグイン RINKER」です!

 

このプラグインはamazon、楽天、Yahooへのリンクをまとめてくれるのですが・・・

 

やばいっす・・・

 

えっ!?何が?
アフィリレッド
アフィリレッド

 

簡単で使いやすすぎやろー

 

 

と叫びたくなるぐらい便利なプラグイン!たぶんアフィリエイターなら知らない人はいないんじゃないの?

 

使い方含め、まとめてみました!

 

この記事を読めば「RINKER」を使ってamazon、楽天、Yahooの商品リンクを簡単に作れるようになります。

RINKERとは

RINKERとは「おやこそだて」のサイト管理者であるやよいさんが開発された無料で使える神プラグインです。

 

RINKERを使えば一つの商品に対し購入先リンク(amazon、Yahoo、楽天)を一括で表示してくれるので、今まで一つ一つ購入先のリンクを貼っていた作業がウソみたいに楽になります。

 

 

使い方も商品を検索してワンクリックで記事内の好きなところに貼るだけなので、amazonやYahoo、楽天商品のアフィリエイトリンクを張るなら必須といえます。

 

公式サイトからプラグインをインストールして有効化すれば誰でも使えるようになるので詳しいインストール方法や設定について解説していきます。

 

RINKERの使い方

RINKERを使うにはWordPressのプラグイン追加からではなく、やよいさんの公式ホームページからダウンロードしてWordPressにインストールしていきます。

 

公式ページからプラグインをダウンロード

まずはプラグインをダウンロードしましょう。

 

公式ホームページから「無料ダウンロード」をクリックします。

 

 

pixivのアカウントが必要になるので持っていない人は無料で作ります。

 

 

アカウントを作成すればのダウンロードが始まるのでZIPファイルごとデスクトップに貼り付けましょう。

 

 

WordPressにRINKERをインストール

次にダウンロードしたZIPファイルをWordPressにインストールしていきます。

 

WordPressのダッシュボードから「プラグイン」、「新規追加」をクリックします。

 

 

「プラグインのアップロード」をクリックし先ほどのzipファイルをアップロードして「今すぐインストール」をクリックします。

 

 

インストールが完了したらプラグインを有効化しましょう。

 

RINKERの設定手順

続いてRINKERを使うための設定方法について解説します。

 

①amazonアフィリエイトの設定

②楽天アフィリエイトの設定

③Yahooショッピングの設定

 

最初に「amazon」、「楽天」「Yahoo」のショップリンクを表示する設定を行います。

 

①amazonアフィリエイトの設定

amazonのショップリンクを表示するには「アクセスID」と「シークレットキー」が必要になりますが、RINKERを使う場合はamazonアソシエイトプログラムの審査に合格しておく必要がありますので注意してください。

 

もしもアフィリエイトのみでamazonアフィリエイトの審査を通過している場合は、本家の審査も通しておきましょう。
筒兄
筒兄

 

ではamazonの設定ですが「アクセスキーID」と「シークレットキー」が必要になります。

※詳しいキーの取得方法はこちらのページでやよいさんが解説してくれます。

 

アソシエイツのトラッキングIDは管理画面右上に表示されているのでコピペしましょう。

 

 

楽天アフィリエイトの設定

楽天はアフィリエイトIDが必要です。

 

楽天アフィリエイトの登録がまだの人は登録しておきましょう。
筒兄
筒兄

 

IDの取得方法は公式ホームページに詳しい解説があるのでそちらを参照ください。

 

 

 

Yahooショッピングの設定

Yahooショッピングの場合はバリューコマースから必要なタグを取得します。

 

 

※LinkSwitchタグの取得方法はYahooショッピング用 LinkSwitchタグ取得方法をごらんください。

 

※pidとsidの取得方法はYahooショッピング用 pidとsidの取得方法をごらんください。

 

もしもアフィリエイト経由で設定する場合

amazon、楽天、Yahooショッピングをもしもアフィリエイト経由で設定している場合はRINKERでも同じようにASP経由に設定できます。

 

 

私はamazon、楽天はもしも経由で設定しているのでRINKERでも同じようにしました。

 

amazonはもしも経由にしていてもRINKER側で本家の設定は必要です。
筒兄
筒兄

 

※詳しい設定方法はやよいさんに聞いちゃいましょう。

 

 

RINKERの使い方

RINKERの設定が終わったら実際にブログに貼り付けてみましょう

 

商品リンクを記事内へ投稿する手順

記事内に商品リンクを表示させるには記事の投稿画面から「商品リンク追加」というボタンをクリックします。

 

 

商品検索画面がでるので

 

①amazonから検索するのか

②楽天から検索するのか

 

を選び商品名を入力後、検索をクリックします。

 

 

試しに「掃除機」を検索してみましょう

 

ズラッとでてくるので紹介したい商品を選び「商品リンクを追加」をクリックします。

記事内にこのようにコードが表示されリンクの設置が完了しました。

 

実際にプレビューで見てみると

 

 

はい!ばっちり表示されてます。何と便利なんでしょうか!!

 

ちなみにamazonから検索した場合、商品カテゴリの中から選ぶこともできます。

 

amazonから商品検索するときの注意点

amazonから商品を検索すると「【エラー】リクエスト回数が多すぎます RequestThrottled 」という文言が表示され場合、検索ができなくなった原因は「amazonでの利用規約が変更」になったからです。

 

要はamazonアソシエイトから30日以内に売り上げが発生しないとRINKERからamazonの商品情報が取得できずエラーが表示されるということ。

 

コンスタントにamazonから収益があがっているならASP経由でも問題ないと思いますが、ASP経由にしているなら30日以内にamazonから商品が売れなければRINKERでも表示ができません。

 

・amazonから30日以内に売り上げ発生 → ASP経由でも商品リンクが取得できる

 

・amazonから30日以上売り上げがない → ASP経由なら商品リンクが取得できない

 

なので今後はASP経由でamazonの商品を紹介するのは難しくなると思います・・・

ちっ。何だよamazonさんよ。30日以内って厳しすぎんだろ。筒兄!対策はもちろんあるんだろ?
アフィリレッド
アフィリレッド
対策はもちろんあるよ!公式ページにも詳しく載ってるしね。
筒兄
筒兄

amazonでのエラー回避方法

amazonから商品リンクエラーを回避する方法としては2つあります。

 

①RINKERの設定でもしも経由からamazon本家での経由に変更する

②商品検索を楽天に変える

 

この二つです。

 

①RINKERの設定でもしも経由からamazon本家経由に設定変更する

RINKERでの設定手順は3つ

 

①基本設定の「商品情報の再取得」から「再取得をしない」にチェックを入れます。

 

 

②リンク先から「amazonボタン」を「リンク先を商品の詳細画面にする」にチェックを入れます。

 

 

③最後にもしもアフィリエイトの設定ですが、「もしも優先ショップリンク」から「amazon」のチェックを外します。

 

これでamazonアソシエイト直からの売り上げに変更できました。

 

amazonから売り上げが発生すればその後は無事に検索が可能になりますのでゆっくり待ちましょう!

 

②商品検索を楽天に変える

amazonから売り上げが発生するまでは、商品検索を楽天に変えておけばRINKERで表示ができ、amazonのショップリンクもきちんと表示されるので私はこの方法でRINKERを使ってます。

 

楽天商品をもしも経由にしてるなら「もしも優先ショップリンク」は楽天にチェックしておきましょう。

 

 

まとめ

amazon、楽天、Yahooの商品リンクをまとめて表示してくれる神プラグイン「RINKER」の設定から使い方までを紹介しました。

 

いかがでしたか!

 

amazon、楽天、Yahooのリンクを一つ一つ入れるのは手間もかかるし時間もかかる。

 

でも

 

「RINKER」を使えば商品検索してワンクリックで完結!時間にしてわずか数秒!!

 

これでどれだけの時間が節約できるか!しかも見やすいわかりやすい!アフィリするなら絶対に入れておきたいプラグインです!

 

WordPressでサイト作ってるならこの記事を参考に試してみてくださいね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


ページの先頭へ