【プラグイン】UpdraftPlusの設定から使い方までを解説

目安時間:約 11分
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

 

プラグインには、WordPressのデータを自動でバックアップしてくれるものが数種類ありますが、その中でも簡単に扱えるのが「UpdraftPlus」というプラグインです。

 

このプラグインは設定からバックアップ、復元までほとんど1クリックでできるため初心者でも簡単に扱うことができます。

 

そんな便利なプラグイン「UpdraftPlus」の設定から使い方までを解説していきます。

 

WordPressのバックアップ・・ちゃんと取ってますか?

WordPressでのサイト管理は基本全て自分で行うため、不慮の事故に遭遇した場合は自力で解決しなければなりません。

 

あれれ・・なんか画面が真っ白になって元に戻らねーけどどうなっちまったんだ。
アフィリレッド
アフィリレッド
(あーあ。やっちまったね・・・)
レッド君。WordPressでバックアップとかしてる?
筒兄
筒兄
「ばっくあっぷ」??
そんなもんいちいちしてねーぞ!
アフィリレッド
アフィリレッド

 

この状態・・・危ないですよ!

 

もし「外観を変更したら画面が真っ白になり元に戻せなくなった」、「突然データが消失した」など万が一トラブルが起こってしまった場合、定期的にデータをバックアップしていなければ・・・

 

 

必死に苦労して作ってきたサイト、記事が全て水の泡になりまたゼロからのスタートになります。

 

でもこのプラグインを使えば万が一の事態に備えることができます。

 

UpdraftPlusを使うときの注意点

使用しているレンタルサーバーによっては正常に作動しないという報告があります。

 

容量が小さく動作が不安定な格安のレンタルサーバー

オウンドメディアのような超巨大なサイト

 

バックアップには少なくともサーバーに不可がかかるため、上記に該当した場合バックアップ動作が正常に機能しないとのこと。

 

「エックスサーバー」などある程度サーバーの容量が大きく動作も安定しているなら大丈夫です。

 

※エックスサーバーならセルフバックを利用して契約できるのでおススメです。

 

 

UpdraftPlusをインストールして設定しよう

スポンサーリンク

ますはプラグインをインストールして有効化していきましょう。

 

管理画面のダッシュボードから「プラグイン」、「新規追加」から「UpdraftPlus」と入力しインストール、有効化していきます。

 

 

「有効化」したら「設定」から「UpdraftPlus Backup」をクリックします。

 

すると設定画面に移動しますが、「今すぐバックアップ」というふうに1クリックでバックアップする準備が整っています。

 

試しにクリックして一度バックアップしてみましょう。

 

 

するとこんな感じで超絶簡単にバックアップできました。

 

 

バックアップデータの「復元」「削除」も1クリックでできますので、とりあえず先にバックアップしておきたいなら「今すぐバックアップ」をクリックしましょう。

 

バックアップスケジュールの設定

バックアップをいつ行うかスケジュール設定をします。

 

スケジュール設定をすればあなたが設定したタイミングで自動バックアップができるようになります。

 

「設定」タブをクリックすればこのような画面に切り替わるので「ファイルのバックアップスケジュール」と「データベースのバックアップスケジュール」を決めていきましょう。

 

 

ちなみに「ファイル」とはテーマや画像、プラグインのことです。

 

 

「1週間ごと」のバックアップで問題ないかと思います。

 

次の「データベース」とは記事内容、設定内容となります。

 

あなたのサイトの更新頻度にもよりますが、毎日記事を更新するなら「1日ごと」、週に1回程度の更新なら「1週間ごと」でバックアップを取ればOKです。

 

 

右の「この多くのスケジュールされたバックアップを保持」というのは「バックアップファイルを何個保存しておく?」ということですが、あまり多いと保存先の容量を圧迫するのでほどほどでいいと思います。

 

※ちなみに私はデータベース、ファイルの保持は2個にしています。

 

バックアップファイルの保存先設定

次にバックアップしたデータをどこに保存するのかを決めていきます。

 

 

このようにたくさんの保存先を選択できますが、他のサイトでも推奨しているのが①のドロップボックスや②のグーグルドライブといったクラウドストレージに保存する方法です。

 

③のEメールに設定をすればバックアップファイルを登録してあるメールアドレスにZIP型式で送ってくれます。

 

私もどれにするか悩みましたが、ドロップボックスは無料版だと容量が2Gしかないので使うなら有料版にしたほうがいいと思います。

 

②のグーグルドライブは最初から15Gの容量があるのでそちらでもいいと思いますが、私は保存先を③のEメールにしてみました。

 

するとこのようにスケジュール通りにメールにて通知してくれます。

 

添付ファイルをそのままダウンロードすることもできるしGoogleのアカウントがあればGoogleドライブへそのまま保存することもできます。

 

 

保存先は設定から変更もできるので、自分どれが自分に向いているのを選んでみてください。

 

バックアップするファイルを選ぶ

バックアップするファイルはこの3つにチェックが入っていればOKです。

 

  • プラグイン
  • テーマ
  • アップロード

 

にチェックが入っているか確認しましょう。

 

バックアップデータを復元してみる

では実際にバックアップしたデータを復元してみましょう。

 

先ほどバックアップしたデータ画面から「復元」をクリックします。

 

 

するとこのような画面になるので「全てにチェック」をいれて「復元」をクリックします。

 

 

復元がスタートしてWordPressの管理画面の一番下に「Restore successful!」=「復元に成功しました」と表示されていればOKです。

 

まとめ

プラグイン「UpdraftPlus」の設定から使い方について解説しました。

 

いかがだったでしょうか。

 

私も以前バックアップなど何も設定してなく「外観」とかを面白半分でいじってたらエラーがでてしまい、ブログをあの世へ見送った経験があります。

 

 

また最初から作る気力もなくなり自棄酒に走りましたけどね(笑)

 

WordPressは利便性が高い分、事前に不測の事態を予測してどれだけ備えられるかが痛いほどわかりました。

 

特にバックアップはサイト運営には命ともいえるぐらい重要なことなので是非参考にしていただけたらと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


↓ランキング参加中です!↓
当サイト一押し教材
【WordPress最強テンプレート 賢威】
プロフィール

管理人の筒兄です。
サラリーマンの傍ら、副業でアフィリエイトに取り組んでいます。
日々の実践記や役立つ情報など初心者目線で発信します。

⇒詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー
アーカイブ

ページの先頭へ