簡単!WordPressの記事投稿から編集までを詳しく解説

目安時間:約 23分

WordPressの初期設定、テンプレート、プラグインの設定ができたら、いよいよ記事の作成、投稿です。

 

これからあなたのお店に「役立つ記事」という「商品」をそろえていくのですが、記事の投稿、編集など使い方を把握しておけば作業がサクサク進むので順に解説をしていきます。

 

この記事を読めば、WordPressの記事投稿や編集までの流れが詳しく理解できるようになります。

WordPress記事投稿や編集を順番に解説

 

それではまず記事の作成から見てきましょう!

 

新しく記事を書く

まずは「ダッシュボード」から「投稿」、「新規追加」をクリックします。

 

 

 

 

「記事タイトル」、「本文」を入力する

こちらが記事投稿画面です。

 

上から「記事タイトル」、「本文」を入力していきます。

 

 

 

入力を「ビジュアル」が「テキスト」かを選択

WordPressの入力は2種類あり「ビジュアル」、「テキスト」どちらでも記事を書くことができます。

 

 

「ビジュアル」:ワードのようにそのまま文章を入力できるので簡単に記事の作成ができる。

 

 

 

「テキスト」:HTMLでの記述が必要。プログラミングが得意な人向け

 

といった違いがあります。

 

広告などはHTML表記のため「テキスト」を使う必要がありますが、例えば「A8.netの会員登録」の広告をビジュアルで貼り付けた場合

 

 

このように何がなんだかわからないような表記になりますが、テキストに切り替えて同じものを貼り付けすると

 

 

このようにちゃんと広告として表示されるようになります。

 

ブログの広告タグはHTMLで書かれているのでビジュアルに貼り付けても表示されません。
テキストに切り替えて貼り付けしましょう。
筒兄
筒兄

基本文章は「ビジュアル」で書き、「アフィリエイト広告等」は「テキスト」で貼り付けをしましょう。

 

「下書き」、「プレビュー」、「公開」までの手順

文章をすべて書き終わったら、いよいよWeb上にあなたの記事を公開します。

 

 

途中で記事を保存したい場合は「下書きとして保存」をクリックします。

 

②の「プレビュー」を押せば実際に記事がWeb上でどのように表示されるのかを見ることができます。

 

最終的にOKであれば③の「公開」を押して完了です。

 

初めての記事を公開するときは「公開」ボタンを押すのにすごくドキドキしましたね!なつかしいです。
筒兄
筒兄

 

WordPressの記事作成に関連する機能一覧

本文入力画面の上に色々なボタンがありますが、記事作成時に必要な機能になるので左から順番に説明します。

 

 

見出し

「見出し」を設定していくことは、本で言ったら記事内に「目次」を作っていくイメージです。

 

 

「見出し1」~「見出し6」まで細かく設定することができますが、基本的に記事内で使う見出しは「見出し2」、「見出し3」ぐらい。

 

多くても「見出し4」までで、あまり細かく分けすぎるとかえって読みづらくなったりします。

 

例えば「料理ブログ」で「カレーの作り方」という記事があったとして、文章の構成が

 

見出し2:下準備をする

 

見出し3:お米を研ぐ、野菜を切る

見出し3:材料をいためる

見出し3:水を入れて煮込む

 

見出し2:完成!

 

みたいに目次のように断層構造になっていたらわかりやすいですよね!

 

読みやすい文章にするためには見出しも上手く使いましょう。

 

「段落」を選ぶと、もとの文章入力の大きさに戻ります。

 

太字、斜字の設定

入力した文字を太字にして強調したり、斜めにしてアクセントをつけることができます。

 

 

「B」の太字をクリックすれば、

 

・あいうえお → あいうえお と太字で強調され

 

「I」の文字をクリックすれば、

 

・AIUEO → AIUEO 少し斜めに傾いた文字になります。

 

※斜字をひらがなや漢字でやっても全然変化がわかりません。使うならローマ字か数字で使いましょう。

 

リスト

文章を箇条書きにしたいときに使用します。

 

 

「I」マーク右の①は

  • カレーライス
  • ハンバーグ
  • オムライス

 

のように順番なしのリストが作成でき、②の番号付きは

  1. カレーライス
  2. 下準備は野菜、肉を切りいためる
  3. 煮込んでカレー粉を入れて完成

 

みたいに番号つきで箇条書きのリストが作成できます。

 

「箇条書き」のことを別名で「ブレット」ともいいます。
ライティングの世界ではよく使う言葉なので覚えておいて損はありませんよ。
筒兄
筒兄

引用

「引用」とは自分の記事の中に他のブログやサイトで参考になる言葉や画像などを用いるときに使用します。

 

 

引用を使えば記事により信憑性を持たせることができるため、上手く活用したいところですが使いすぎは逆にペナルティの対象になるため注意が必要です。

 

引用ボタンを押せば「グレーのボックス」が表示されるので使いたい文章や画像があればこの枠内に入力しましょう。

 

引用したい文はこのエリア内に入力しましょう。

 

※引用を使った場合はかならず、どのサイトのどの記事から引用してきたのかががわかるように「○○ブログの○○の記事より引用」みたいなことを記載しておきましょう。

 

リンクの挿入 / 編集

リンクの貼り付け、編集ができます。

 

 

リンクとは「鎖」、「関連付け」といった意味を表します。

 

例えばブログなどをみていると記事の中に「カレーの美味しい店リストはこちら」といった青文字で下線が引いてある部分がリンクになります。

 

リンクボタンをクリックし直接URL入力すればそれがそのままリンク先として表示されます。

 

 

矢印右の歯車を押せばURLの設定、編集画面に移りリンク先を「URL表示」から「文字表示」に変更できます。

 

リンクを追加を押せば、

 

 

 

 

筒兄のブログ

 

とこのように表示することができるのです。

 

リンクをクリックするとこのブログのトップページに飛びます。

 

「リンクを新しいタブで開く」にチェックを入れれば挿入したリンクを新しいタブで表示できるので、使い方として

 

「内部リンクならチェックを外し同一タブで表示」、「外部リンクならチェックを入れ新しいタブで表示」したほうが、ユーザーが読みたい記事にたどり着きやすいのでサイトからの離脱も少なくなります。

 

リンクを挿入するときはユーザーが読みたい記事へたどり着けるように「同一タブでリンクを開く」のか「別タブでリンクを開く」のかを考えた上で挿入しましょう。
筒兄
筒兄

 

続きを読む

このボタンを押せば「続きを読むタグ」を挿入することができます。

 

 

別名「moreタグ」ともいいますが、このタグは挿入すればトップページの記事に「続きを読む」ボタンというのを表示させることができます。

 

 

moreタグを挿入しておけばトップページ上では

 

 

このように表示されます。

 

「トップページに最新記事を5記事ずつ表示する」という設定をWordPressでしていた場合、moreタグを入れてなければ、トップページ上には記事全文が表示されてしまい、残りの4記事を表示させるのに「何じゃこりゃ」状態になるのでmoreタグをつかいページ全体を見やすくしましょう。

 

ツールバーの切り替え

ツールバーを追加して表示することができます。

 

 

 

一番左から

 

 

①打ち消し:選択した文字に横線を入れます。

②文字の一段落下に横ラインを入れます。

③テキストの色を変える:選択した文字列のカラーを変更します。

④テキストとしてペースト:HTMLタグをそのまま表示したいときに使用。

⑤書式設定をクリア:下線やテキスト色の変更を実行した部分を選択し、書式設定を解除できます。

⑥特殊文字の入力ができます。

 

 

⑦インデントを減らす:段落のインデント(行頭の空白)を減らします。

⑧インデントを増やす:段落のインデント(行頭の空白)を増やします。

⑨取り消し、やり直し:直前の操作の取り消し、やり直しができます。

 

一番右の「?」はショートカットの一覧を確認できます・

 

画像の挿入

記事内に画像を挿入することができます.

 

「メディア追加」をクリックして

 

 

 

挿入したい画像をファイルから選ぶか、直接ドロップ&ドラッグします。

 

 

画像を選択し、投稿に挿入するをクリックすれば記事内に画像が挿入されます。

 

 

 

画像のリンクを貼り付けしたい場合は、挿入前のエディタの画面で「リンクをコピー」し、リンクボタンから挿入すれば大丈夫です。

アイキャッチ画像の挿入

記事にアイキャッチ画像を挿入するときは記事作成画面の右側、「アイキャッチ画像を設定」をクリックします。

 

 

 

アイキャッチ画像の挿入は通常の「画像挿入」と同じ方法です。

 

パーマリンクの変更

パーマリンクは「編集」クリックし変更できます。

 

※下の画像ではパーマリンクを「記事タイトル」、「カテゴリー名」で設定してます。

 

 

「パーマリンクって何ぞや?」と思う方はこちらの記事を参照下さい。

 

 

 

カテゴリーの設定

カテゴリーは作成した記事がどこに入っているのかを区別するのに使います。

 

記事編集画面右下にあるカテゴリーから「+新規カテゴリーを追加」をクリックしカテゴリー名を入力します。

 

 

「新規カテゴリーを追加」をクリックすれば設定完了です。

 

タグの設定

タグを設定すればブログ内から見たい記事を探しやすくなります。

 

記事編集画面右下のタグから設定したいタグ名を入力し「追加」をクリックします。

 

 

カテゴリーとタグはダッシュボードからも作成、編集ができます。

 

 

投稿記事を編集する

投稿した記事を編集するには「ダッシュボード」の「投稿」から「投稿一覧」クリックします。

 

 

投稿一覧から編集したい記事を選び「編集」をクリックします。

 

 

 

すると記事編集画面に行き、投稿した記事を編集することができます。

 

 

 

WordPressを更新したら記事投稿画面が変わってしまった場合の対処方法

WordPressを運営していたら定期的に「WordPress○.○が利用可能です!今すぐ更新して下さい」という通知が来るようになります。

 

これはWordPress側からのバージョンアップ通知のことで基本的には更新をしたほうが良いのですが、WordPress5.0から記事投稿エディタが変更になっています。

 

以前の記事投稿エディターは「クラシックエディター」といってワードみたいに記事を書くことができました。

 

 

しかし新しくWordPressを更新したら記事投稿画面がこのように変わってしまいました。

 

 

これはWordPress5.0から記事投稿エディターが新エディターの【Gutenberg】に適用されてしまったからです。

 

何じゃこりゃ!WordPress更新したら記事投稿画面がまるっきり変わってるじゃねーかよ!
全然使い方がわからねーぞ!
アフィリレッド
アフィリレッド

ってなりますよね?

 

でも安心して下さい!新エディターに強制的に変更になってもプラグインを使って旧エディターに戻すことができます。

 

プラグイン「Classic Editor」をインストールする

この「Classic Editor」というプラグインをインストールすれば以前の旧エディターに戻すことができます。

 

まずダッシュボードの「プラグイン」から「新規追加」を選びクリックします。

 

 

プラグイン追加画面から「Classic Editor」と入力し表示されたら「今すぐインストール」をクリックします。

 

 

インストールが完了したら「有効化」をクリックします。

 

 

これだけで、「新エディター」から「旧エディター」に変更ができるので、困った方はプラグインをインストールしてみてください。

 

※「Classic Editor」のプラグインは2021年の12月31日までしかサポートがされないようです。なのでそれまでに新エディターの使い方をマスターできるようにしておきたいですね。

 

記事作成は今までクラシックエディターで慣れていた分、新エディターの操作は覚えるまでが大変そうです。徐々に使い方など覚えてまたブログで紹介していければと思ってます。
筒兄
筒兄

 

WordPressのプラグインはこちらの記事でまとめています。

 

 

まとめ

以上が記事の投稿から編集までの流れになります。

 

「なんだか覚えることがたくさんあるなー」と思うかもしれませんが、結局「習うより慣れろ」で手を動かすことが一番です。

 

慣れれば無意識でできるようになるので実際に

  • 「見出し」を使ったり、「画像」、「引用」を使ってみてわかりやすく伝えるように心がける!
  • プレビューで誤字、脱字の確認をしっかり行う。
  • 投稿したものをWeb上で確認しあらためて訂正や追記したい箇所があれば編集する

 

ということを繰り返すのみです。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

カテゴリ:WordPress  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


ページの先頭へ