重要!WordPressでブログを始める前の初期設定手順

目安時間:約 30分

WordPressがインストールできたら無事にあなたの「完全オリジナルのブログの土台」ができました。

 

とりあえず「おめでとうございます!」というわけで・・・

 

「よし!これからバンバン記事を書くぞ」と気合を入れてるあなた!

 

その前に、まずはWordPressで基本的な設定を済ませておく必要があります。

 

何だよ!かなり苦労してWordPressまで設置したのにまだやることがあるのかよ!
アフィリレッド
アフィリレッド
その通り!WordPressがインストールできたということは「買った土地」に「お店が建ちました」ということ!
「WordPressの設定」をするというのは「お店の開店準備」整えていくという作業になるので一つ一つこなしていきましょう!
筒兄
筒兄

 

 

 

では具体的に何を設定すればよいのかを説明していきます。

 

WordPressの基本設定

WordPressにログインすると「ダッシュボード」が出てきますがすべての設定はこの「ダッシュボード」から行いますので覚えておいてください。

 

 

WordPressの基本設定は6つあり、画面左下の設定をクリックすると上から

  • 一般
  • 投稿設定
  • 表示設定
  • ディスカッション
  • メディア
  • パーマリンク設定

 

とあるので順番に設定をしていきます。

 

一般

 

一般の中で設定するのは以下の通りです。

  • サイトのタイトル、キャッチフレーズ
  • WordPressアドレス(URL)、サイトアドレス(URL)
  • メールアドレス
  • メンバーシップ
  • サイトの言語~週の始まりまで

 

それでは設定から「一般」の「サイトタイトル」から入力していきましょう。

 

サイトのタイトル、キャッチフレーズ

サイトのタイトルはあなたがこれから作っていくブログの顔となり、お店で言うと「お店の名前」に該当するのがこの部分です。

 

なのでコツとしては一言で「このブログの中身にはこういうことが書いてある」わかるようなタイトルをつけましょう。

 

このブログ名は「40歳サラリーマンの副業|稼ぐネットビジネスジャーナル」ですが、40歳のサラリーマンネットビジネス稼ぐことを目的とした内容を書いています。

 

 

サイトのタイトルは設定からいつでも変更はできますが、タイトルに悩んだら他のブログやサイトがどんなネーミングをつけているのかチェックしてみましょう。

 

「サイトタイトル」はあなたのお店の名前になる重要な部分です。
適当に考えず他のサイトも参考にしながらじっくり考えましょう。
筒兄
筒兄

キャッチフレーズは「このサイトの簡単な説明」とありますが、ブログの内容をもっと具体的にしたい場合は書いてもいいと思います。

 

デフォルトの状態では「Just another WordPress site」となっているのであなたのお好みで変更しましょう。

 

私は「40歳サラリーマンが副業として始めたネットビジネスで稼ぐことを目指したブログ」という感じでキャッチフレーズを設定してます。

 

特になければ空白でもかまいません。

 

WordPressアドレス(URL)、サイトアドレス(URL)

次にアドレスの設定をしていきます。

 

 

上記のようにWordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)の2つがあり、WordPressアドレス(URL)は「インストールしたWordPressファイルを保存しているアドレス」でサイトアドレス(URL)が「サイトを表示させるURL」になります。

 

この部分は表示が同じであれば特に何もしなくていいです。

 

メールアドレス

次はメールアドレスの設定です。

 

 

 

ブログ管理用のメールアドレスです。

 

コメントがついたりすればこのアドレスに通知が届くので、普段使用しているアドレスになっているか確認しておきましょう。

 

メンバーシップ

WordPressは一人のユーザーではなく複数のユーザーでブログを管理して運営することができます。

 

そのため個別でIDやパスワードを発行できるユーザー管理機能がついており、例えば「記事は外注ライターさんで」、「ブログのデザインは自分で」などの権限を設定したいときに役に立ちます。

 

チェックを入れると新規でユーザーを追加することができますが、個人ブログなら複数で運営することもないと思うしセキュリティの面で見たら「メンバーシップ」のところはチェックを外しておくほうが無難でしょう。

 

またその下の「新規ユーザーのデフォルト権限グループも」特にいじらなくて大丈夫です。

 

 

サイトの言語~週の始まり

 

  • サイトの言語:「日本語」でOK
  • タイムゾーン:日本に住んでいるなら「東京」でOK
  • 日付のフォーマット:こだわりがないならデフォルトでOK
  • 時刻フォーマット:こだわりがないならデフォルトでOK
  • 週の始まり:お好きな設定でどうぞ

 

すべて入力が終われば「設定保存」をクリックします。

 

投稿設定

 

投稿設定の項目は

  • 投稿用カテゴリーの設定、デフォルトの投稿フォーマット
  • メールでの投稿
  • 更新情報サービス

 

です。投稿設定をクリックし設定していきましょう。

 

投稿用カテゴリーの設定、デフォルトの投稿フォーマット

ブログの記事数が多くなってきたら、カテゴリを作って記事を分けたほうが「どこにどんな記事が書いてあるのか」とわかりやすくなるので設定をするのですが、初期段階では投稿用カテゴリーの設定は最初は「未分類」になっています。

 

ブログの構成やカテゴリが決まってから変更すればいいのでとりあえずは何もしなくていいです。

 

またデフォルトの投稿フォーマットもそのまま「標準」でかまいません。

 

 

メールでの投稿

メールを使ってスマートフォンから記事を投稿するときに使うのですが、私は記事作成はすべてPCから行っているのでここは何も触ってないです。

 

なんだか設定も面倒臭そうなのでいじらず、すっ飛ばしていいと思います。

 

 

 

更新情報サービス

更新情報サービスを設定しておけばブログの更新通知を自動的に「ブログランキング」などのサイトに通知することができます。

 

今後もしあなたが自分のブログを「ブログランキング」に登録したらランキングサイトから「PING送信先URL」を取得し、コードを更新情報サービスの欄に貼りつけすればOKです。

 

 

設定が完了したら「変更保存」をクリックします。

 

表示設定

 

表示設定ではブログのトップページに表示するコンテンツの設定ができます。

 

設定内容は

  • ホームページの表示、1ページに投稿する最大投稿数
  • RSS/Atom フィードで表示する最新の投稿数、RSS/Atom フィードでの各投稿の表示
  • 検索エンジンでの表示

 

です。では設定していきます。

 

ホームページの表示、1ページに表示する最大投稿数

トップページに「最新の投稿」か「固定ページ」を表示させるかを選ぶことができます。

 

 

どちらがいいかと言えば、これは作っていくブログのコンセプトによって決まってくると思うので一概には言えません。

 

例えばこのブログであればトップページに「最新の投稿」を表示しています。

 

 

「固定ページ」というのはカテゴリーやトップページとの連動がない「独立したページ」のことを言います。

 

例えば「問い合わせページ」、企業なら「会社紹介ページ」などの部分にあたります。

 

ほかにも「本の目次」みたいに固定ページに全記事のカテゴリーを設定し、そこから読みたい記事へ誘導する方法もあるので好みで設定してみてください。

 

※固定ページから個別記事へ誘導する場合はある程度ブログが大きくなってからでもいいのかなと思います。

 

設定を「最新の投稿」にした場合、1ページに表示する最大投稿数ですが、基本好きな数字でいいと思います。

 

ただ表示投稿数を多くしすぎるとブログの読み込みに時間がかかることがあるので、5~10以内で設定すればいいと思います。

 

 

RSS/Atomフィードで表示する最新の投稿数、RSS/Atomフィードでの各投稿の表示

RSSフィーダーというサービスを使っている人へサイトのアドレスに行かなくても更新情報を通知してくれるサービスの設定です。

 

このサービスを使っている読者に対しブログの更新情報の表示を何件にするのか、各投稿の表示は「全文表示させるのか」、「記事の抜粋を表示させるのか」という設定です。

 

読者によってはフィード上で「全文表示」させるより「抜粋で表示」をしてあげてたほうが親切かなと思います。

 

 

検索エンジンでの表示

検索エンジンがサイトをインデックスしないようにするにチェックをいれると、サイト全体が検索エンジンに引っかからなくなります。

 

WordPressの練習中やブログ全体をまだ非公開にしたい場合はチェックを入れましょう。

 

公開するときはチェックを外すことをお忘れなく!

 

※ちなみにサイト、ブログ立ち上げ時はそもそも検索エンジンに引っかかることはないので、最初からチェックを外しておいてもいいのかなと思います。

 

 

設定が終われば「変更保存」をクリックします。

 

ディスカッション設定

 

ディスカッション設定では、「読者からのコメント」などの対応をどうするのかの設定ができます。

 

設定は

 

  • 投稿のデフォルト設定
  • 他のコメント設定
  • 自分宛のメール通知
  • コメント表示条件
  • コメントモデレーション、コメントブラックリスト
  • アバター

 

です。

 

投稿のデフォルト設定

 

 

 

自分の投稿記事に他のサイトやブログの記事をのリンクを貼った際、相手方に「リンク貼りました」という通知を送るかどうかの設定です。

 

例えばチェックを入れておけば

「筒兄のブログの記事」が参考になったから俺の記事にもリンクを貼って「こちらの記事もおススメです」と紹介してやろう。
アフィリレッド
アフィリレッド

とリンクを貼った場合、相手方には

あっ!僕の記事のリンク貼ってくれたんだ!了解!
筒兄
筒兄

と、リンクを貼ったことが相手に通知されます。

 

通知したくない場合はチェックをはずしておいてください。

 

・新しい記事に対し他のブログからの通知 (ピンバック・トラックバック) を受け付ける

 

これはさっきとは逆で「他のブログ」に自分のリンクが貼られた場合の通知の設定です。

 

通知が面倒臭いと思ったら外しておきましょう。

 

・新しい投稿へのコメントを許可する

自分のブログ記事に読者がコメントを書き込めるかどうかの設定です。

 

問題なければチェックをしておきましょう。

 

他のコメント設定

 

 

 

チェックを入れておけばコメントを入れてもらう際に名前メールアドレスを記入してもらわないといけません。

 

コメント自体が減っても「迷惑コメントを防ぎたい」ということであればチェックを入れておきましょう。

 

ユーザー登録してログインしたユーザーのみコメントをつけられるようにする

 

ブログの権限を設定してなければ関係ないので、チェックは外しておいて大丈夫です。

 

○○日以上前の投稿のコメントフォームを自動的に閉じる

 

古い投稿のコメントフォームを自動的に閉じます。

 

必要ない方はチェックを外しておきましょう。

 

コメント投稿者が Cookie を保存できるようにする、Cookie オプトイン用チェックボックスを表示します。

 

チェックを入れるとコメント投稿フォームに「次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する」というチェックボックスが表示されるようになります。

 

これにチェックを入れるとユーザーのブラウザにCookie保存され、次回コメントを入力するさいに自動で名前、メールアドレス、サイトが自動で入力されるようになります。

 

・コメントを○○ 

 

コメントに対してコメントを返信したときの表示スタイルです。

気にならなければチェックしておいて問題ありません。

 

1ページあたり○○件のコメントを含む複数ページに分割し、○○のページをデフォルトで表示する

 

1ページにコメントが増えた場合の表示設定です。

 

ズラーッと表示したくない場合は複数のページに分割して表示できるのでチェックを入れておきましょう。

 

自分宛のメール通知

 

・コメントが投稿されたとき

コメントが書き込まれたときに自分のメールに通知が来ます。

 

・コメントがモデレーションのために保留されたとき

承認待ちのためコメントが保留されたとき、
登録メールアドレスに通知が来るようにする設定です。

必要なければこれはチェックを外しておいても大丈夫です。

 

 

コメント表示条件

 

コメントはどんな内容が書き込まれるかわからないので、面倒かもしれませんが手動で承認することをおススメします。

なのでチェックを入れておきましょう。

 

・すでに承認されたコメントの投稿者のコメントを許可し、それ以外のコメントを承認待ちにする

 

過去に投稿された投稿者からのコメントに対して自動承認する設定です。

ここにチェックを入れておけば一度承認した投稿者からのコメントは次から自動で承認されるようになります。

 

 

コメントモデレーション、コメントブラックリスト

 

スパムコメントに対しての設定です。

 

スパムに対してはプラグインで対応ができるので特に設定しなくても大丈夫です。

 

※もしプラグインでも不安なら設定することをおススメしますが、ちなみに私は設定してません。

 

アバター

 

・アバターの表示

コメント欄にアバターを表示させるかどうかです。「アバターを表示する」にチェックを入れておきましょう。

 

・評価による制限

アバターのR制限みたいなものです。

 

私は「G — あらゆる人に適切」で設定してます。

 

・デフォルトアバター

アバター設定をしてない人からのコメントの場合、どのアバターでコメントを表示させるかの設定です。

 

私は「ミステリーアバター」で設定してます。

 

設定ができれば「変更を保存」をクリックします。

 

 

メディア設定

 

メディア設定ではブログで使用する画像サイズの設定をすることができます。

 

画像サイズは

 

・サムネイルのサイズ

・中サイズ

・大サイズ

 

の3種類です。

 

サムネイル、中サイズ、大サイズの設定

 

サムネイルとして使う画像のサイズを設定します。

 

サムネイルというのは「画像の縮小表示」のことで、主に記事のアイキャッチ画像などに使うことが多いです。

 

メディア設定で「サムネイルのサイズ」あらかじめ決めおけば、設定した画像サイズでアップロードができます。

 

「サムネイルを実寸法にトリミングする (通常は相対的な縮小によりサムネイルを作ります)」にチェックが入っていれば、サムネイルで指定している画像サイズよりも大きい場合、実寸大のサイズの一部を切り取って表示します。

 

チェックをしてなければ画像全体を縮小して表示します。

 

デフォルトでは幅:150、高さ:150で設定してあるので、使うテンプレートが推奨するサイズで設定しておいたほうがいいです。

 

※このブログのテンプレートのアイキャッチ画像の推奨サイズは縦200×横200になっているのでそれに合わせています。

 

中サイズ、大サイズもあらかじめ設定しておけば、記事内に画像を挿入するときにここで設定した表示サイズを選ぶことができます。

 

 

パーマリンク設定

 

パーマリンクとは「サイトやブログのページごとに振り分けられているURL」のことです。

 

・・・さっぱりわからん。
アフィリレッド
アフィリレッド

 

例えばこのブログのトップページは

 

 

でURLは https://wisespirit.site/ です。

 

このブログの「サイト管理人」というページがあるのですが

 

 

 

URLは https://wisespirit.site/site-administrator となり、この赤文字の部分がパーマリンクの部分になります。

 

「site-administrator」は「サイト管理者」という意味です。
筒兄
筒兄

 

このパーマリンク名を設定しておかないと、記事を更新するたびに

 

https://wisespirit.site/?P=123 のような数字で振り分けられてしまい、「どんな記事なのか」内容がわからないまま表示されてしまいます。

 

数字で振り分けられている記事より「投稿名」や「カテゴリ名」で振り分けられているURLのほうが探しやすいため、検索エンジンからも評価は受けやすいようです。

 

なのでパーマリンクの設定は「カスタム設定」を選び「/%category%/」 、「/%postname%/」を推奨しているサイトも多いし、私もこれで設定してます。

 

 

この設定なら「ブログURL / ブログカテゴリ名 / 記事投稿名」でURLが表示されるので一番おススメといえます。

 

注意点としてパーマリンクは一度設定したら「変更しない」でおきましょう。

 

では実際に記事を投稿するときのパーマリンクの設定方法について説明します。

 

設定したパーマリンクは記事投稿画面から決めていきます。

 

 

このブログの例ですが、

 

①は「カテゴリ名」

 

②は「記事タイトル」となってます。

 

パーマリンクは日本語表記よりも英語のほうが推奨されてるので③の「編集」をクリックして変更しておきましょう

 

まとめ

以上がWordPressの初期設定になります。

 

細かいことが多く最初は大変だと思いますが、記事を書く前にここの設定だけは確実に済ませておきましょう。

 

特に「パーマリンクの設定」は最初に設定しておかないと、もし記事数が増えてから変更した場合最悪「ページが見つからない」といったトラブルにつながり、元に戻す作業に時間を費やして苦労することになります。

 

過去の私はあとからパーマリンクの設定をしたため記事が表示されなく痛い目にあいました。
筒兄
筒兄

ぶっちゃけWordPressは設定をきちんと行い、操作も慣れてしまえば難しくないので一つ一つ確実に覚えていきましょう。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


ページの先頭へ