ブログキーワード選定ツールの定番 おすすめ10選を紹介

目安時間:約 11分

 

こんにちは!ブログ管理人の筒兄です。

 

ブログをやっているなら「ブログにキーワードは大事だよ」ってたぶん聞いたことあると思います。

 

でも実際にそのキーワードって一体どうやって調べているの?という疑問がありますよね。

 

そこで役に立つのがキーワードを選ぶときに使うツールなのですが、でもそれって世の中に大量にあって全て使いこなすなんてはっきり言って難しいし、全部使ってたらキーワード選定だけで時間が過ぎちゃう・・・そんな時間ももったいない・・・

 

なので今回は私、筒兄が実際にキーワードを調べるときに使っているツール10選を紹介します。

 

関連キーワードを取得できるツール

まずはキーワードのサジェストの部分を調べるツールを紹介します。

 

※サジェストって何?という方は以下の記事をご覧ください。

 

 

①goodkeyword

 

まず一つ目がgoodkeywordです。

 

検索窓に調べたいキーワードを入力し「検索」をクリックすればGoogleやBingから関連キーワードを含めたものを表示してくれます。

 

また「マルチサジェスト」で検索すれば「amazon」、「楽天」、「youtube」、「ヤフーショッピング」、「NAVER」、「wikipedia」からも一括でキーワードを取得してくれます。

 

 

②関連キーワード取得ツール(仮名β版)

 

関連キーワードツール(仮名β版)はその名のとおり、関連キーワードを一覧でズラッと並べてくれるツールです。

 

特徴としてはGoogleサジェスト以外にもYahoo知恵袋、教えて!gooでの検索結果も表示してくれることです。

 

直接悩み掲示板のリンクへ飛ぶことができるのですごく便利ですね。

 

また見出し抽出ツールの「ラッコツール」へのリンクもこのツールのページから飛ぶことができます。

 

③グーグルサジェスト一括ダウンロードツール

 

Googleサジェスト一括ダウンロードツールは調べたいキーワードを入れて検索するだけでサジェストを一括で表示してくれます。

 

表示されたキーワードの一覧はCSVで出力ができるので、データをエクセルなどに保存しておけるのが便利ですね!

 

 

キーワードの検索回数を調べるツール

キーワードの検索回数を調べるツールとしては二つあります。

 

一つがGoogleキーワードプランナー、もう一つがUbersuggest(ウーバーサジェスト)という海外のツールになります。

 

④Googleキーワードプランナー

 

キーワードプランナーとはGoogleアドワーズが提供しているキーワードの検索回数を調べるツールです。

 

Googleのアカウントがあれば、無料で誰でも使うことができます。

 

ただし仕様が変わり検索ボリュームの表示が下記のようにめちゃくちゃざっくりに変わってしまったので、キーワードプランナーのデーターはとりあえずぐらいの目安で考えておきましょう。

 

100~1000ってめちゃくちゃ差があります・・・

 

 

⑤Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

 

キーワードプランナーの仕様変更で最近はこのUbersuggest(ウーバーサジェスト)を使ってる人が多いようです。

 

なぜならこのツールは無料で使える上に結構具体的な検索ボリュームを調べてくれるからです。

 

 

ツール自体は海外の物ですが、日本語にも対応しているので細かい数字を見たいときには活躍してます。

 

キーワードの検索需要を調べるツール

キーワードにはその時期、その時で検索される需要が変わってきます。

 

例えば過去に検索回数が多いキーワードでも、時間が経てばキーワードそのものに需要がなくなることもあるからです。

 

キーワードの検索需要を調べるのは以下のツールが役に立ちます。

 

⑥Googleトレンド

 

Googleトレンドは検索キーワードの需要がどれくらいあるのかをリアルタイムで調べることができます。

 

例えば「お花見」で調べた場合、以下のように検索されている時期がいつに集中しているかがグラフで明確にでてますよね。

 

 

アドセンスブログのように季節のネタとかを書くときには、このツールであらかじめ検索される時期を予測して仕込みをしておけばベストなタイミングで情報を提供することができます。

 

キーワードの検索意図(悩み)を調べるツール

キーワードを調べるには関連キーワード以外にも「なぜそのキーワードで検索してきたのか」というユーザーの検索意図(悩み)を調べることは重要です。

 

そんなときに役に立つのが以下の三つのツールです。

 

⑦Yahoo知恵袋

Yahoo知恵袋は知る人ぞ知る有名な悩み解決の定番といえるでしょう。

 

例えば「ブログ 稼ぐ」と検索した場合以下のように質問している方がいらっしゃいました。

 

黄色でマーキングしているところが単純にユーザーの悩みだっていうことがこれでわかります。

 

なのでこの悩みに対してあなたがブログで回答を示してあげればいいわけです。

 

 

⑧教えて!goo

 

教えて!gooも基本的な使い方はYahoo知恵袋と同じです。

 

ただ知恵袋には出てこなかった悩みも教えて!gooで出てくる場合があるので、リサーチするときは一緒に使ったほうがいいでしょう。

 

 

⑨ALL About

 

ALL Aboutは、株式会社オールアバウトが運営する総合情報サイトです

 

狙ったキーワードに対してユーザーがどんな記事を書いているのかというのが、検索エンジンで調べるよりも細かく見ることできます。

 

All Aboutで提供されているコンテンツはユーザーの悩み解決に特化した内容の物が多いので、それらを見るだけでもすごく勉強になりますよ。

 

有料ツール

これまで無料のツールを紹介してきましたが、最後に実際に筒兄が使っている有料のツールを紹介したいと思います。

 

⑩キーワードスカウターST

 

株式会社CTW(キャッチザウェブ)が開発したキーワードツール、「キーワードスカウターST」です。

 

もともとこれはキーワードの勉強をするために購入した教材「キーワード革命」の特典としてセットされていたツールです。

 

本来ならツール単体で4,980円で提供されているのですが、このツールがあれば今まで上記で解説してきた無料ツールのほとんどの機能を1台で完結してくれます。

 

少しだけ特徴を話すと関連キーワードは無料ツールなら多くても3層ぐらいまでが限界だと思うのですが、キーワードスカウターはさらに深い4層、5層ぐらいまでを徹底して洗い出してくれます。

 

じっくりキーワードを選定するときは今はこのツールのおかげで時間が短縮できるようになりました。

 

まとめ

以上が筒兄がキーワード選定で使用しているツールたちでした。

 

基本キーワード選定には無料で使えるものが多いので、全然それを使用しても問題はないかなと思います。

 

実際に僕も簡単なサジェストを調べるくらいは全部無料ツールでやってますからね。

 

ただキーワードをかなり深く調べたりする場合は無料ツールじゃ難しいときがあるので、そういう場合はキーワードスカウターSTを使ってます。

 

もしキーワードスカウターSTが気になれば下記のリンクから詳細を確認してみて下さいね。

 

キーワードスカウターSTの詳しい詳細はこちら

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. アバター なかい より:

    知らないことだらけでした。ありがとうございます。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


ページの先頭へ