CTimeって何?使ってみた感想や特徴を説明しちゃいます。

目安時間:約 21分

CTimeとは

CTime

CTime
開発元:WCO Inc.
無料
posted withアプリーチ

※現時点ではiphoneのみの対応となっています。9月よりAndroidでの配信がスタートする予定です。

 

このSNSアプリ!今ではtwitterやfacebookに追いつけと言わんばかりにユーザーが増えている超HOTなSNS!

 

私自身SNSはfacebookとtwitterのみでしたが、ここ最近SNSやyoutubeを使って情報を発信する「インフルエンサー」という言葉が流行ったと思います。

 

※インフルエンサーって何ぞやという方は以下の記事を参照ください。

 

 

CTimeは「誰でもインフルエンサーに!?」というキャッチフレーズのもと、開発されたアプリなのです。

 

おい筒兄!最近俺の連絡を無視していると思ったら、何だかまた新しいことを始めたんじゃねーのか?
アフィリレッド
アフィリレッド
(なんでこいつ普段は鈍いくせにこういうときは敏感なんだ・・)
別に無視してたわけじゃないよ!ただ新しいSNSがすごく楽しそうだったからスルーしてただけ!
筒兄
筒兄
おいおい!それを無視って言うんだろうが!!また一人でコソコソ楽しみやがって。俺とお前との仲だろうがよう!一人で楽しまずに仲間に入れろっつうの!
アフィリレッド
アフィリレッド

この「誰でもインフルエンサーに!?」というキャッチフレーズがどうしても頭から離れず使ってみることにしました!

 

すると今までのSNSにはないありえないようなことを提供していたのです。

というわけで私筒兄がCTimeにはまってしまった理由を詳しく解説していきます。
筒兄
筒兄

この記事を読めばCTimeのものすごい特徴を知ることができます。

 

会社概要

まずはCTimeの会社概要を見ていきましょう。

 

CTimeの開発者でもあり会社代表でもある山中さんは何と若干26歳!

 

まずこの年齢に正直びっくりしました!

 

26歳だって?
俺様が26の時ははまだ弁当屋でバイトしてたぞ!
スゲー!!なんだよこのドキドキ感は!
アフィリレッド
アフィリレッド
僕も26の時はまだまだパチンコやで働いていた時でした・・・恐るべし山中社長!
筒兄
筒兄

 

CTimeの特徴

以下がCTimeの特徴です。

 

ユーザー同士のつながりの速さがナンバーワン

 

誰でも簡単に始められる部活というものがある

 

CTimeはSDGsの活動に積極的である

 

公式インフルエンサー制度

それでは順番に見ていきましょう。

 

①ユーザー同士のつながりの速さがナンバーワン

僕が使い始めてまず感じたことは「ユーザー同士のつながり方がハンパじゃないぐらいに速い」ということです。

 

初投稿しました。

 

すると投稿をみてくれたユーザーさんがCTime内で「新人さんですよ」って僕のことをシェアしてくれたんです。

 

するとシェアを見てくれた他のユーザーさんからたくさんのコメントをいただきました!

 

 

こんなの初めてだったから逆にびっくりして恐縮したぐらいです。

 

このつながりの速さはtwitterやfacebookの比じゃないですよ!

 

そして何といってもCTimeのユーザーさんは本当にあったかい人ばかりです(泣)

 

個別の投稿とかでも愚痴っている投稿とか見たことないし、ユーザー同士がそれぞれ楽しみながら情報を共有し繋がっていくという、なんというか「点が線になって一気に面になる」というか・・・

 

CTimeを知ってしまったら今まで使っていたSNSにはもう戻れないですね(笑)

 

だから最近お前のことを「ふぇいすぶっく」と「ついったー」で見かけなくなったんだな!?
アフィリレッド
アフィリレッド
(バレたか)
その通り!だってCTimeのほうが楽しいんだもん!!
筒兄
筒兄

そしてもう一つすごいのが社長や運営メンバーさんもCTimeを利用されているので、CTime内で直接やり取りができる!!

 

「もう何だよこの風通しの良さは!?」って思いませんか?

 

だってですよ?

 

例えるなら極端な話facebookでマークザッカーバーグとやり取りができるようなものですから。

 

普通ありえないことですが、CTimeではそれが可能。

 

経営者とユーザーの距離感が近いのがものすごく魅力です。

 

②誰でも簡単に始められる部活というものがある

 

CTimeでは誰でも簡単に始められる「ユーザー企画」というものがあり「部活」と呼んでいます。

 

部活?何だよSNS内で野球チームとかでも作れるのかよ??
アフィリレッド
アフィリレッド
「部活」って聞くと学校で所属していた「クラブ活動」のイメージがあると思うけど、CTimeの部活はもっと幅広く自由なのさ!
筒兄
筒兄

 

「部活」といっても全然固いイメージはなく気になったのがあれば#(部活名)をつけて投稿するだけ!

 

例えば私がよく使う部活で「#あいさつ部」というのがあります。

 

投稿に「あいさつ部」というハッシュタグをつけることでタグ化されるので、同じキーワードで投稿しているユーザーさんは投稿を瞬時に見ることができます。

 

すると直接つながっていないユーザーさんからも投稿に「いいね」がついたり、つながっているユーザーさんからは直接「コメント」がもらえたりと朝からすごく嬉しい気持ちになるんですね!

 

他にも音楽に関する投稿なら「#音楽部」、本の紹介を投稿したら「#読書部」をつけるとそれに関連するユーザーさんとの交流や情報交換ができるのですごく楽しいです。

 

部活は自分でも簡単に作ることができるのもユニークですね!
筒兄
筒兄

③CTimeはSDGsの活動に積極的である

SDGs(エスディージーズ)とはSustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略で、国連で開かれたサミットの中で決められた「国際社会共通の目標」のことをいいます。

 

んで?それっていったいな何なのかな??
アフィリレッド
アフィリレッド
簡単に言うと、これから世界の全ての人たちが幸せになるために2030年までに世界で取り組む17の目標のことをいいます。

17の目標の中には「貧困問題」や「飢餓をゼロにする」、「環境問題」、「人権問題」などがあり、それらの問題を世界一丸となって2030年までにクリアしましょうというものなのです。

筒兄
筒兄
そいつは素晴らしいじゃねーか!でもよ?CTimeとSDGsってどんな関係なんだ?
アフィリレッド
アフィリレッド

個人的な見解ですが、CTimeはSNSを通じてSDGsの活動に貢献することではないかなと思います!

 

CTimeでユーザーさんがSDGsについて興味が湧き、CTimeで一人でも多くの人がSDGsについて広めていってくれたら?

 

個人ではできないことでもチームでならできることはたくさんあると思いませんか?

 

SDGsの大きなプロジェクトや目標でもワイワイガヤガヤ楽しい仲間と共有していけるSNSは、世界中どこ探してもCTimeだけじゃないでしょうか。

 

なんだか俺様も胸が熱くなってきたぜ!!一人ではできなくても仲間とならか!スゲー共感した!
アフィリレッド
アフィリレッド
僕も最初はSDGsなんかまったく知らなかったけど、CTimeに参加してSDGsを知りました。
今では「小さいことでも自分に何かできることはないか」と考えられるようになったのは大きな変化だと感じてます。
筒兄
筒兄

④公式インフルエンサー制度

CTimeには公式インフルエンサー制度(現:公式Ctimer)というものがあります。

 

これがすごすぎるんですよ!!

 

CTime内でのあなたの活動が運営側から認められたら「公式CTimer」として認定されます。

 

そして公式CTimerには毎月運営側から金券やプレゼントがもらえるとのこと!!

 

運営側から活動に応じてプレゼントがもらえるのか?
アフィリレッド
アフィリレッド
その通り!公式CTimerになれば運営側からその実績が認められ毎月プレゼントや金券が贈られてくるらしいよ!

公式CTimerさんたちの投稿みてたら本当プレゼントが届いててびっくりしました!

僕も公式CTimer目指して楽しく活用中です!

筒兄
筒兄

SNSでここまでの特典があるなんて・・・CTime恐るべしです!

 

まとめ

感想としては楽しすぎて仕方がないという感じでしょうか!

 

公式CTimerしかりSDGsしかりなんかSNSの最先端を突っ走ってるなと率直に思います。

 

そしてまだまだユーザーが少ない状況なので、あなたも公式Ctimerを目指して活用してみてはいかがでしょうか!

 

使ってみれば絶対にそのよさがわかります!ていうか使わないと損するかも!!

 

下のリンクからダウンロードできますので是非登録しちゃいましょう!

 

CTime

CTime
開発元:WCO Inc.
無料
posted withアプリーチ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

カテゴリ:Ctime  [コメント:2]

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. アバター mityo より:

    筒兄さん、こんにちわ
    CTime始めて知りました!!
    わかりやすい説明でとっても興味を持ちました!
    さっそく試してみようと思います(^^

    • 筒兄 筒兄 より:

      mityoさんブログへの訪問ありがとうございます。

      CTimeはまだまだブルーオーシャンのSNSなので早い段階で登録することをおすすめします!

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


ページの先頭へ